*

イタリア現地情報: お金について  

公開日: : イタリア現地情報

留学サイト 「イタリア現地生活情報」

euro

1) お金について

イタリアでは、2001年からEU加盟国内での共通通貨EUROユーロが導入されて
今現在でもユーロ通貨が使われています。
日本から来伊されるときは、ある程度日本の銀行でユーロに両替してくるのがベターでしょう。

ユーロは、ユーロ圏内加盟国は殆ど共通で使用できるので、イタリアから、小旅行でフランスやスペインなどに行かれるときも使えるのが便利です。
(但し、現在、イギリス、ポーランド、スウェーデン、ハンガリー、など11か国がユーロを使用しておりません)

euro-countries2

イタリア現地では、5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ札まで
割と何処でも使用することができます。
但し、100ユーロ以上を支払おうとすると、「そんなにお釣りが無い」と拒否されることがありますので、両替されるときは、50ユーロ以下でお願いするのがベターです。

2)クレジットカードについて

carte-di-credito1

イタリア留学するとなると全財産を現金にて持ち込むことはできませんので、やはり、クレジットカードもしくは、デビット機能のついたキャッシュサービスのあるカードを2-3枚持ってくることをお勧めします。

イタリアの町は、殆どどこにでもATMがあり、VISA,MASTERだったら、キャッシング機能が使えるので、大変便利です。
しかし、気を付けなければいけないのが、日本であらかじめクレジットカード会社や、銀行の方に、「国際キャッシング機能」を申請しておかないと、海外での利用が制限されている場合があるので、イタリアに来たら、使えなかったというリスクを回避するために、出発前に必ず、確認しましょう!

勿論、銀行や、クレジットカード会社にて、一日利用限度額を設定しておく必要はあります。
特に、イタリアや、ヨーロッパにおいては、クレジットカード不正が大変多くなっているので、クローンされたり、偽造され無い様に、セキュリティー管理は、(例えば
キャッシング直後にメールでの通知など)しっかりとしているカードを選びましょう。
2-3枚クレジットカードや、キャッシュカードを持参した方がいいのは、もし、1枚が使えなくなったり、紛失してしまった場合は、別のカードを持っていた方が、安心だからです。

特に、イタリア国内(大都市である、ローマやミラノなど)は最近、盗難が更に増えていて、現金を狙うスリが駅や、市バス、地下鉄や、美術館などに、待ち構えています。
ですので、外出の際には、なるべく、大量の現金は持ち歩かないことをお勧めいたします。

但し、イタリアは、まだクレジットカードや、電子マネーの普及が遅れている国になりますので、お店やレストランでの清算は、「現金のみ」ですとか、「30ユーロ以上の清算の時だけ、クレジットカード清算可能」などの、ハードルがあります。
ですので、お水を買うときや、チョットしたサンドイッチ(パニーノ)を買うときなどは、
クレジットカードが利用できない場合が、有るので、気を付けましょう、
(ちなみに、まだタクシーでもクレジットカードが使えない車種が半分以上という、状況です!)   

クレジットカードの種類は、イタリアで利用できるのは、
Visa,masterが断然使えます。
日本でよく使われている JCB, DINERS, AMERICAN EXPRESSは、一部の店舗でしか使えませんので、ご注意ください。

bancomat-carte-di-credito

イタリアのATMでのキャッシュサービスは、一日に引き出せる限度額が(場所によって異なりますが、)250-500ユーロまでとなっておりますので、
大きな金額が必要な時は、予め、余裕をもって、引き出すようにしましょう。

2) トラベラーズチェックについて
イタリアでは、トラベラーズチェックは、殆ど利用不可能です。
ですので、イタリア留学の際には、トラベラーズチェックは、必要ありません。
知らないで、イタリアにて買い物しようとすると、「これは何だ?」と不審がられる事の方が多いので、気を付けるようにしましょう。
そのぐらい、イタリアでは、トラベラーズチェックと言う存在が知られていないと言う証です。

3) 両替所について
180px-Euro_symbol.svg
イタリア現地での両替所は
銀行
ホテル
両替所
免税店
という大きく分けて4つの場所で両替が可能です。
しかし、最もレートが悪いのは
銀行とホテルです。

ですので、イタリアで両替する際は、両替所または、免税店に行くようにお勧めいたします。
但し、両替所も色々なレートを提示していて、沢山並んでいるので、どこの両替所がお勧めなのか、一見分かりません。

注意したいのが、両替所は看板に書いてあるレートと実際にお金に換えられる金額とは、全く違うと言う事です。

何故かと言いますと、両替所の看板の下の方にとても小さな文字で「別途コンミッション」などと記入してあり、その手数料が10%から15%とかなり高額なレートなのです。

ですから、予め両替する際は、窓口で、「日本円で1万円はユーロでいくらになりますか?」= se cambio yen giapponese dieci milla yen,
Quanto posso avere in EURO?
と聞いてみましょう。
窓口の人は、手数料も換算して計算してくれますので
実際の手取りの金額が正確に分かります。
金額が大きいと時々値引きもしてくれる所もありますので、実際に試す価値はあります。

まとめますと>>>
1) 両替所の看板レートには騙され無い!
2) 必ず両替する前に、手取りの金額を聞く!
3) 両替した後は、スリに気を付ける!
これを守るようにしてくださいませ。

但し、今までの経験上、イタリア現地で両替するよりも、日本の空港(成田や羽田)の両替所(銀行)での方がレートが良く、お札もとても新品をもらえて、安心感があるので、お勧めです。

pagamenti-bancomat1

関連記事

イタリア留学生活での注意点! (日本とこんなに違う生活習慣!)

イタリア留学生活の際の注意点 日本の生活とはかなり違う部分がありますので、 ここでは

記事を読む

イタリア現地情報:郵便事情、宅急便など

郵便事情、宅急便など ご存じの通り、イタリアの郵便事情は、「発展途上国」並みです。。。。

記事を読む

イタリアの電圧とプラグについて 「注意!!実は、2種類のコンセントがあるんです!」

■イタリアの電圧、プラグについて■ イタリアの電圧220V 50HZ

記事を読む

イタリア現地情報:イタリアの医療制度

イタリアの医療制度について イタリアの医療制度は、日本の医療制度とは、かなり異

記事を読む

イタリア現地情報:日用品、スーパーについて

日用品、スーパーについて イタリアでは、大都市(ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツ

記事を読む

イタリアの新幹線ユーロスターの乗り方、切符の買い方

EUROSTAR ユーロスター: AV ALTA VELOCITA' ユーロスタ

記事を読む

イタリアでのチップの払い方

イタリアでのチップの定義 日本人の方が、イタリアに来られてから、戸惑うのが「チップ制度」ですよ

記事を読む

イタリア留学に必要な持ち物リスト準備チェック表!

イタリア留学に必要な持ち物リスト準備チェック表! いよいよ、イタリア留学に向けて出発! その

記事を読む

  • お問い合わせ先

    電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skyspane)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    italianaryugaku@yahoo.co.jp
    LINE ID
    Mime Firenze
  • LINEでのお問い合わせ

    LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

    image











  •