*

イタリア語学学校+皮革職人専門学校を体験された光川たつ枝さんのインタビュー

公開日: : お客様の声

voice06-4

イタリア留学しようと思ったきっかけは何ですか?

私が海外留学を考え始めたきっかけは、自分の歳の節目でした。30歳になる直前に、自分自身の人生を振り返ってみました。20歳代は何事もなく落ち着いた普通のOLとして、毎日が楽しく過ごしてきましたが、ふと、「自分の身に何か身に付けられたのか?立派な大人に成長できているのか?」と言う疑問が湧いてきました。

元々、OLの事務作業よりも、何か物作りをコツコツすることが大好きだった私は、もう一度本格的に留学して、自分の手に職をつけたいと決意しました。

でも決意した後が大変でした。。。今まで、自分の悩みなどを周りの人に相談もしていなかった私が、突然「海外留学したいと」言い出したので、両親や、友達にも心配をかけることになりました。「なんで、今更留学なんてするの?」「仕事はどうするの?」「結婚はしないのか?」など。。。

でも私の決意は固かったので、ゆっくりと説得していきました。(元々の性格が一度決めたら絶対に曲げない精神でもあったので)

image003

実際に通われた学校の感想は、いかがでしたでしょうか?

語学学校:centro fiorenza

クラスメートは、ドイツ、スウェーデン、スペイン、ギリシャ、メキシコ、韓国、日本といろいろな国籍のミックスで、更に、20代から50代の幅広い年齢層で、正に、国際的なクラスでした。授業中は、それぞれの国の文化や、習慣などを意見交換したりして、交流を深めながら、授業内容の自分の不得意分野などを、教えあったり協力することができました。私は、日本人特有の癖である、RとLの発音が良くなかったので、先生の他、クラスのみんなが、何度も教えてくれて、上手に発音できた時は、「拍手喝采」をしてくれたり、本当に、全体が笑顔が絶えずに、支えあって習得できたと思います。

クラス以外でも交流が深まり、学校がオーガナイズするアペリティブなどを楽しんだり、お泊り会などをして、各国の伝統料理を披露したりして、本当に楽しかったです。

専門学校:scuola di cuoio 皮革職人専門学校

イタリア語が話せなくても、講師は日本人と韓国人だったので、スムーズにレザー製品のレッスンや作成に入ることができました。学校は半分以上がアジア人で、イタリア人は殆どいませんでしたが、アメリカ人や、ギリシャ人、韓国人、この学校もかなり国際色が強い所でした。場所もフィレンツェのサンタクローチェ教会の修道院だった場所を利用した、歴史感じるスペースで授業が行われ、フィレンツェの伝統工芸である皮革の知識や、自分自身のデザインが実際にレザー製品になっていく、満足感は、イタリア留学して本当に良かったと思える瞬間でもありました。

6か月コースを受講しましたが、もう一度受講する生徒さんもいるほど、楽しい半年でした。物作りをすることの満足感と、伝統工芸を守ることの大切さを学ぶことができたと思います。

今回、イタリア留学して良かったこと、困った事はなんでしょうか?

良かったこと

voice06-3イタリア留学から日本に帰って、今正直に言えることは、「留学して、本当に良かった!」と言う事です。留学を通じて知り合いになった友達に、もう一度その国に会いに行ったりしたので、留学後も世界中を旅行することになりました。それも、この留学の御陰です。

また、手に職をつける目的だった、皮革製品職人の道を進んでいくために、この留学からスタートして、人生これからもっと、経験を積んでいかなければいけないと言う事が分かりました。イタリアで学んだ貴重な経験を生かして、これからもどんどん成長していきたいと思います。私が気が付いたことは、留学は終点ではなく、スタートになると思います。やらなかった事を後悔する前に思い立ったら吉日!

困った事

正直に言うと、語学学校の入学初日は、クラスの先生がとても早口でしゃべっている印象で、全く私の知らない単語を話していたりして、授業についていけないと、落ち込んでいましたが、1週間経過する頃には、 隣のクラスメートに、自分が分からなかった事を、質問したりして、徐々に友人を作っていくことができました。最後の方には、先生が言ったジョークを理解できて、皆で笑えたことは、本当に嬉しい出来事でした!

もう一つは、イタリアの公共機関のストライキや、遅延には、本当に泣かされました。日本ではない現象なので、突然市バスが全く来ないと思ったら、午後からショーペロ=ストライキだと言う事が分かって、タクシーを捕まえようとしても、タクシ乗り場は長蛇の列だったり。。。

特に約束などに間に合わないときは、本当に、ハラハラさせられましたが、慣れてくると、地元イタリア人は、「遅れてもストライキだからしょうがない」という、落ち着いた態度なので、それを学ぶべきだなと思いました。

イタリア留学センター「イタリアーナ」を利用していただいての感想は?

イタリアーナ 留学センターの代表 片庭みめさんと初めて東京の相談会にて、お話しを伺った時の第一印象は、「サイトのお写真と同じ素敵な笑顔だ!」と思いました。「光川さん、初めまして!こんにちは!どんなイタリア留学をお考えでしょうか?」と、本当に親身になって、相談に乗っていただいた片庭さんは、笑顔を絶やさず、緊張していた私をリラックスさせてくれる親しみやすい雰囲気を持った方でした。

イタリア長年在住というキャリアを持っていらっしゃるので、現地の情報には物凄く詳しく、日本では、得ることのできない情報を 提供していただくことができたので、事前調査になりました。私は、自分の思っていることを全てお話しすると、「この留学プラン良いと思います。是非チャレンジしてみましょう!」と励ましてくれました。なんだか、実のお姉さんに「頑張って!応援しているよ」と言われた印象を受けました。

このお客様の体験談の学校は、こちらになります!
>>>>>
イタリア語学学校
Centro fiorenza

イタリア専門学校
Scuola di cuoio

関連記事

イタリア語学学校留学&ジュエリー製作を体験された大貫みどりさんのインタビュー

イタリア留学しようと思ったきっかけは何ですか? 私の場合は、日本で社会人の経験を経て、子育

記事を読む

イタリア語学学校留学2か月+accademia dell’arte ada(モードデザイン科) を体験された川野綾香さんのインタビュー

イタリア留学しようと思ったきっかけは何ですか? 日本でアパレル産業に勤務しておりましたが、イタ

記事を読む

イタリア語学学校留学9か月を体験された松川亮子さんのインタビュー

イタリア語学学校留学9か月を体験された松川亮子さんのインタビュー

イタリア留学しようと思ったきっかけは何ですか? 大学卒業後、大学病院の医療事務の仕事につい

記事を読む

イタリア語学学校留学3か月を体験された加藤恵さんのインタビュー

イタリア留学しようと思ったきっかけは何ですか? 昔から外国語と海外で暮らすと言う事に憧

記事を読む

細川麻由子さん

イタリア語学学校留学&料理教室1年を体験された細川麻由子さんのインタビュー

イタリア留学しようと思ったきっかけは何ですか? 自分で料理教室を開いていましたが、大好きな

記事を読む

  • お問い合わせ先

    電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skyspane)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    italianaryugaku@yahoo.co.jp
    LINE ID
    Mime Firenze
  • LINEでのお問い合わせ

    LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

    image